村山商店

安全管理

TOP>安全管理

『リスクアセスメント』を中核に、『安全活動』の取り組みを挙社体制で一層強化を図ります。

『企業は人なり』と言われる通り、働く人の『安全・安心』を確保することが経営者の責務であります。
働く職場環境が『安全・安心』且つ、『健康・快適』であり、働く仲間同士の『人間関係・信頼関係』が強固となる、やり甲斐・働き甲斐のあるヤル気・元気の出る『安全作業環境』の確立を目指して今日まで経営努力をして参りました。
安全・安心への取り組みは『企業の礎・原点』であり、『ムーブメント』であります。
『ムーブメント』は止まることはありません。
今後も『P-D-C-Aサイクル』を展開し、飽くなき『改善』をし続け、『無事故・無災害』を目指していきます。

安全衛生4つの基本方針

  1. 全ての業務に於いて『人命尊重』の精神を徹底し、『安全第一主義』にて行動。
  2. 経営環境の変化への対応と挑戦及びそれへの現場作業の的確な対応。
  3. 『健康管理』は『自己管理』である自覚を堅持し、身体と心の健康増進。
  4. 安全衛生に関する『コンプライアンス』並びに『CSR(社会的責任)』及び『社内規則』並びに『業務指示』を真摯に遵守・励行。

安全への取り組み

  1. 年間安全衛生計画の立案・周知徹底
    『年間安全目標』及び『月度重点実施項目』の設定、『事故・災害撲滅』に向かっての数値目標の設定及び実践など。
  2. 安全衛生委員会の実施(毎月最終月曜日に開催)
    『現場問題点の改善対策』『ヒヤリ・ハット事例』の水平展開、安全衛生関係の指示・連絡事項の徹底など。
  3. 安全衛生パトロールの各種実施
    当社協力会社との『合同安全衛生パトロール』の継続実施、『安全衛生管理室』による日常安全衛生パトロールの継続実施など。
  4. 安全衛生教育の実施
    新入技術員・若手技術員・中堅技術員など対象別の安全衛生研修など。
  5. 安全啓蒙施策
    『自己の年間安全目標』及び『安全標語』を各々設定させ、安全衛生管理室より一覧表にて掲示・公表など。
  6. 安全指導教材の製作
    当社の全作業所における『全リスク箇所』の洗い出し、リスク低減対策を『リスク評価表』に集約・公表・保存。現場技術員指導の『安全衛生教材』づくりなど。
  7. その他
    『体調管理』『防災通信』などオリジナル情報誌の発刊。
合同安全衛生パトロール
合同安全衛生パトロール
作業前ミーティング
作業前ミーティング
合同安全衛生ミーティング
合同安全衛生ミーティング
安全衛生委員会(月例)
安全衛生委員会(月例)